離婚相諁E€€å¤«å©¦ä¿®å¾©ã€€é›¢å©šã—たい 離婚したくなぁE€€å­ä¾›ãE親権 浮気 不倫 不貞行為 熟年離婚 離婚回避 国際離婚 性格の不一致 名古屋駁E‰é›¢å©šç›¸è«E®¤
名古屋離婚相諁E®¤ 名古屋ルーセントタワー
名古屋駁E‰é›¢å©šç›¸è«E®¤ 、E51-6090 愛知県名古屋市西区牛島町6-1名古屋ルーセントタワー40E¦ メールはこちらへ 電話052-569-2382
トップãEージ
離婚相諁E®¤ã®ã”ç´¹ä»
離婚したいEé›¢å©šã—たくなã
弁護士・行政書士がバチE‚¯ã«
会社につぁE¦
イメージ
ポインãƒé›¢å©šã¨ã¯ãƒ»ãƒ»ãƒ»
離婚とは、èE刁E§ã¯ãã‚“な激動ãE渦の中に入って行くつもりではなぁEEに気がつぁEŸã‚‰ã€Žæ¸¦ã®ã©çœŸã‚“中にぁE‚‹ã€ã¨ãE†æ„Ÿã˜ã€
山あり谷あり、行く先、E«å£ã‚り落とし穴あり・・・とぁE†ã¾ã•ã«æ¿€å¤‰ãE日、E‚’過ごしてぁE‚‰ã£ã—ゃることでしょぁE€
崩れそぁE«ãªã‚‹ã€Žä»ŠãEあなたãE気持ち』『壊れそうな精神面』を私たちがしっかり支えますã€
ポインãƒå½“離婚相諁E®¤ã®ç‰¹å¾´
1場所
事務所は全国何åEからでも便利な名古屋駁E0番出口をåEた名古屋ルーセントタワー40éš
2出張相è«
ご指定ãE場所Eˆæœ€å¯E§E¼‰ã¾ã§å‡ºå¼µã—て離婚相諁E‚‚実施
3相諁E—¥
土日めE¤œé–“でも離婚相諁EŒå¯èƒ½Eˆè¦äºˆç´E¼
4専門家雁E›£
離婚相諁EE離婚ãE修復カウンセラーと行政書士またãE弁護士、年金問題がある場合ãE社会保険労務士が対å¿
イメージ
ポインãƒå½“離婚相諁E®¤ã®æ–¹é‡E/STRONG>
相諁E«æ¥ã‚‰ã‚ŒãŸæ–¹ã«é›¢å©šã‚’勧めるのではなく“一番幸せになる方法”を探しますã€
つまり、あなたにとって一番ぁE„方向に導きますã€
まずãEお話を聞かせてくださいã€
あなたãE不安を少しでも取り除ぁE¦ã‚げたいのですã€
私たちに色、EªãŠè©±ã‚’お聞かせくださいã€
どんな些細ことでも構いませんã€
意外に重要なことかも知れなぁE‹ã‚‰ã§ã™ã€
一緒に乗り越えましょぁE¼
ãƒ¡ãƒ¼ãƒ«ãƒ¡ãƒ¼ãƒ«é›¢å©šç›¸è« å†å©šç›¸è«EEこちらかめE±E²ã‚³ãƒ¼ãƒ
浮気調査はこちらãE携帯サイトで
離婚ãE子供にとって、とても大きな出来事でã
離婚ãE時ãE対応が悪ければ、子供が傷つき非行に走ったり、人との付き合いがうまくåE来なくなったり、感惁E‚’ぁE¾ãè¡¨ã›ãªãEªã©æ§˜ã€Eªå¼Šå®³ãŒåEてくることがあります、EBR> かとぁE£ã¦ã€E›¢å©šã—なぁE»²ã®æ‚ªãE¤«å©¦ã®å§¿ã‚’見て育つ子供も、日頁EE夫婦喧嘩などの争いからストレスを感じ精神安定上悪影響の場合もあり、忁Ešã—も離婚することが悪ぁE¨ã¯è¨€ãEEれませんã€
離婚に際して未成年の子供がぁE‚‹å ´å
離婚ãE制度としては、親権を父母ãEぁEšã‚Œã‹ã«æ±ºã‚ã‚‹ã“とになりますãEで、父母ãEどちらかが育てるとぁE†å˜ç‹¬è¦ªæ¨©åˆ¶åº¦ã®å½¢ã«ãªã£ã¦ãE¾ã™ã€EBR> 本来子供ãE夫婦がたとえ離婚しても二人の子供であることは変わりません、EBR> 子供ãE多くの人たちに『æEされてぁE‚‹ã€ã¨è¨€ãE„Ÿè¦šãŒä¸€ç•ªå¤§åˆE§ã™ã€EBR> 別れてしまったåEの親からも『æEされてぁE‚‹ã€ã¨ãE†æ°—持ちが持てるよぁE«ã€ä½•ã‚‰ã‹ãE形で子育てに参加してぁE£ã¦ã»ã—いと思います、EBR> 子供ãEとても敏感です、EBR>成人するまでは十åEに父親と母親からの愛情をたっぷりかけたぁE‚‚のです、EBR> ただし、æE人になった場合ãE大人ですãEで自立できるよう支援してぁEã¾ã—ょぁE€EBR> 現在の法律では、子供を引き取りたい場合ãE親権老EE監護権老Eªã©ã‚’決める忁E¦ãŒã‚りますã€
親権è€
離婚婚に際して最大の問題が子供ãE問題です、EBR> 子供が未成年である場合ãE『親権老EE決定』『離婚後にどちらが子供を引き取るか』『離婚後ãE養育費の問題』も解決しておく忁E¦ãŒã‚ります、EBR> また、子供を引き取らなぁEEの親が子供と会う方法である『面接交渉権』も決めておく忁E¦ãŒã‚ります、EBR> 養育費の前に決定しなければならなぁEEが『親権老E€ã§ã™ã€EBR>親権老EE、子供が成人に達するまで子供ãE法定代琁Eººã¨ã—て義務を負ぁE¾ã™ã€EBR> 親権とは、親が未成年の子供ãE衣食住ãE世話をしたり、教育を受けさせたり、しつけを教えることのできる身上監護の権利Eˆç›£è­·æ¨©E‰ã§ã™ã€
また、未成年の子供に代わって財産管琁E‚’したり、何らかãE契紁E¡Œç‚ºã‚’代琁E™ã‚‹ã“とも含まれます、EBR>
特別な事情がなぁE™ã‚Šã€å­ä¾›ã¸ã®å½±éŸ¿ã‚’老EEする忁E¦ã‹ã‚‰ã€è¦ªæ¨©è€EŒç›£è­·æ¨©ã‚’持つことが通常ですが、事情により子供ãE福祉にとって親権老E§ãªãEEの親が養育する方が良ぁE ´åˆãŒã‚るかもしれません、EBR> そうぁE£ãŸå ´åˆãE親権と監護権をåE離することも可能です、EBR> 未成年の子供がぁE‚‹å ´åˆã€ãã®è¦ªæ¨©è€E‚’決めなければ離婚することはできません、EBR>
それは離婚が成立したとしても親子関係が無くなるわけではなく、親には子供を養育する義務があるからです、EBR> 親権老EŒç›´æŽ¥å­ä¾›ã‚’育てるとぁE†ã“とはもちろん、そぁE§ãªãE¸€æ–¹ã‚‚養育費を支払うなどして、その義務を果たさなければなりません、EBR>
親権老EE決定ãE、子供ãE年齢、育児や教育上ãE問題、E›¢å©šå¾ŒãE生活環墁E€çµŒæ¸ˆçš„状況などを老Eˆã¾ã™ã€EBR> また、子供がある程度の判断能力がある年齢に達してぁE‚‹ãªã‚‰ãE、お子さんãE意思を尊重する忁E¦ã‚‚できます、EBR>
もし、親権につぁE¦å¤«å©¦ã®å”議がまとまらなかった場合ãE、家庭裁判所の調停で話し合ぁE“とになり、それでも決まらなかった場合ãE審判へと進み、なおそれでも不服があるなら裁判とぁE†ã“とになりますã€
監護権
監護権とは、親権のぁE¡ã®èº«ä¸Šç›£è­·æ¨©ã®éƒ¨åˆE€ã¤ã¾ã‚Šã€å®Ÿéš›ã«å­ä¾›ã‚’手åEにおいて育てる老E‚’、監護権老E¨ã—て親権老E¨åˆ¥ã«å®šã‚ã‚‹åˆ¶åº¦ã§ã™ã€EBR>
例えば、親権老EE父親でも、子供が幼く母親の允E§è‚²ã¦ã‚‹ã“とが望ましい場合などは母親が監護権老E¨ãªã‚Šã¾ã™ã€EBR> 通常、特別の定めをしなければ、親権老EŒç›£è­·æ¨©è€E«ã‚‚なるわけですが、E›¢å©šãE際、協議で親権老E¨ç›£è­·æ¨©è€E‚’別に定めることができます、E

また、E›¢å©šæ™‚には経済的な琁E”±ãªã©ã§è¦ªæ¨©ã‚’æEらめた場合でも、E›¢å©šå¾Œã€ç”Ÿæ´»ãŒå®‰å®šã—、子育てができる環墁E«ãªã£ãŸãªã‚‰ãE、家庭裁判所に審判もしくãE調停ãE申立てをして、監護権老E‚’決めてもらぁE“ともできますã€

ただし、監護権は離婚届けには記åEしませんので、別に書類を作æEしておく忁E¦ãŒã‚ります、EBR> 口紁EŸã ã‘ãE絶対にめE‚ã¾ã—ょぁE€EBR> 大事な権利ですãEで、åE正証書に残しておいてください、EBR>
また、監護権老E¨ã—て子育てをする間は、親権老E‹ã‚‰é¤Šè‚²è²»ã‚’もらう権利がありますãEで、合わせて公正証書にしておきましょぁE€
面接交渉権
離婚に至り、親権めE›£è­·æ¨©ã®ãªãEEの親が子供と会えなぁE‹ã¨è¨€ãE¨ãã†ã§ã¯ã‚りません、EBR>
未成çE子と面接なぁE—交渉する権利Eˆé¢æŽ¥äº¤æ¸‰æ¨©E‰ãE、その子ãE福祉を害することがなぁE™ã‚Šã€è¦ªã¨ã—て当然にもつ自然権として認められてぁE¾ã™ã€EBR> また、民法766条Eˆé›¢å©šå¾ŒãE子ãE監護に関する事頁EE定め等)に含まれると解されますãEで、夫婦の話し合ぁE§ç›£è­·ã«ã¤ãE¦å¿E¦ãªäº‹é E‚’決めることができます、EBR>
琁E”±ã‚‚無く子供と会わせなぁE¨ãE†ã“ともできませんã€
佁E—、子供を連れ去る危惧がある場合や暴力を振るった経緯などがある場合等ãE認められなぁE“ともあります、EBR> また、子供èE身が会うことをためらってぁE‚‹å ´åˆãªã©ã‚‚同様です、EBR> 離婚に際し『どれ位ãE頻度で』『何åEで』『どのくらぁE€ã€Žã©ã®ã‚ˆã†ãªæ–¹æ³•ã§ä¼šã†ã‹ã€ãªã©ã®åŸºæœ¬çšEªã“とに加え『電話での会話を認めるか』『学校行事への参加』『連絡方法』など細部まで話し合ぁE§æ±ºã‚ã¦ãŠãã€ãã‚Œã‚’書面することをおススメします、EBR> 話し合ぁEŒã¾ã¨ã¾ã‚‰ãªãE ´åˆãE、親権めE¤Šè‚²è²»ã‚’決める場合と同様ãE流れになります、EBR>
結局、E¢æŽ¥äº¤æ¸‰æ¨©ã«ãŠã„ても親権の決定と同様に、子供ãE福祉を最優先に老EEすべき点で同じです、EBR> 親として子供に会いたい気持ちは多くの方、E«ã‚ると思います、EBR> そãE程度がお子さんãE精神的安定にとって良ぁEº‹ã§ã‚るかどぁE‹ã€E›£ã—い問題ですが熟æEすべきことだと思います、EBR> 親権も監護権も取れなかったとしても子供に面会、E›»è©±ã€æ‰‹ç´™ã€è¨ªå•ç­‰ã§æŽ¥è§¦ã™ã‚‹æ¨©åˆ©ã¯ã‚ります、EBR> 面接交渉権は親として当然に有する権利であるため、監護権老EE相手と子供が面会することを拒むことはできません、EBR> ただし、相手と面会が子どもãE福祉や利害を害すると判断できる場合ãE、家庭裁判所に面接交渉権の制限を申し立てることができます、EBR>
法律では親がèE刁EE子供と面会交流する権利をæE確にはしてぁE¾ã›ã‚“、EBR> しかし子供ãE側に立ってみれãE離れて暮らす事となった親と会う権利は当然あると老Eˆã‚‹ã¹ãã§ã€Žé›¢ã‚ŒãŸè¦ªã¨ä¼šã„たい』と願う子供ãE権利と言って良ぁE§ã—ょぁE€EBR> 面接交渉権とは、親が子供に会う権利です、EBR> 法律ãE条斁E«å®šã‚ã¯ã‚りませんが、判例や裁判所の実務でも認められてぁE¾ã™ã€EBR> 離婚協議が上手くいかなぁE ´åˆãªã©ã¯ã€E€E«é¢æŽ¥äº¤æ¸‰æ¨©ã‚’送E‰‹ã«ã¨ã£ã¦ã€ç›¸æ‰‹ã«ã€Œé›¢å©šå¾Œã‚‚子供に会わせる」と申しåEることで協議離婚に応じる場合もあります、EBR>
相手にとっても、子供とこれから会えなくなるãEは辛いことなのです、E
そこは面接交渉権を使って相手に安忁E‚’与えて協議をすすめることもãEイントです、E
絶対子供には会わせたくなぁE¨æ€ã£ã¦ã‚‚、相手が家庭裁判所に申し立てれãE、特別の琁E”±ãŒãªãE™ã‚Šèªã‚ã‚‰ã‚Œã‚‹ã“とが多いです、E



EトップãEージE離婚したいEこãEままでは離婁E子供ãE親権E浮気不倫E養育費慰謝料年釁E
E特定商取引況E会社概要E個人惁E ±ä¿è­·Eリンク雁E¼EEEEEEEEEEEEEサイトãEチEEE
名古屋駁E‰é›¢å©šç›¸è«E®¤ 、E51-6090 愛知県名古屋市西区牛島町6-1 名古屋ルーセントタワー40E¦ メールはこちらへ 電話052-569-2382
Copyright (c) 名古屋駁E‰é›¢å©šç›¸è«E®¤ All Rights Reserved.